名刺について詳しく解説

社会人必需品名刺

現代社会に必須な個人名刺について

仕事で名刺のやり取りをする方は多いことでしょう。
しかし、個人として使っている方は意外と少ないものです。
会社や自分の地位を証明するものという意識が強いためでしょう。
しかし、最近は地域のつながり、人とのつながりが大切にされる中、会社での地位だけではなく一人の人間としてのあなたの情報を伝えていく必要が出てきます。
地域の会合で知り合った人に会社の名刺を渡すのもおかしなものです。
会社の一員としてではなく、あなた自身の情報や魅力を伝える必要があります。
そうしたことを考えると、新たな自分を証明するツールを持っておく必要性を感じやすいでしょう。
そこで、会社のものとは別に個人の名刺を作成しておくことが必須になります。
これがあるとメールアドレスなどを伝えるのも簡単になります。
人間関係の広がりは人生を豊かにしてくれるものです。
そのために自分自身の名刺を作成して、人とのつながりを構築するためにどんどん役立てていきましょう。

名刺のデザインに拘るメリット

個人名や会社名、所属部署などの情報を記載したものが名刺です。最近の傾向としては図柄やフォントなどのデザインに拘りを持たせるものが増加しています。図柄などに拘るメリットは複数あり、まず一つ目に相手に強い印象を与えやすいとい点が挙げられます。画一的な図柄のものを相手に渡しても相手が受ける印象は薄いですが、図柄などに拘ったものならば受け取った相手に強いインパクトを残しやすくなります。自分や会社の強烈なアピールが行えれば、それだけ顔を覚えてもらいやすくなりビジネスの機会を得やすくなるメリットがあります。また二つ目のメリットはデザインに拘った名刺は自身のステータスを高める上での有効なアイテムと成り得る点です。例えば多くの人が自分のパーソナルカラーを心に持っています。またそうでない人も特定のカラーを好む人がほとんどです。パーソナルカラーを取り込むことで、より自分らしさを押し出すことができるアイテムとなります。カラーだけでなく、人によっては模様や用いる用紙にも拘りを見せます。例えばビンテージやストライプ、アニマルパターンといった模様を選択することで、より自分らしさを演出するアイテムとしての働きが期待できます。三つ目のメリットにデザインに拘った名刺は、自分の仕事を相手にイメージとして伝えやすいという点があります。長々と自分の仕事を説明するよりも、イラストや写真の方がすぐに伝わります。例えば音楽関係なら鍵盤イラストを、財務の仕事なら電卓写真を取り入れたりといった具合です。

Valuable information

スマホ買取 三宮

信州伊那自動車教習所

池袋 賃貸

最終更新日:2017/8/24

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) 社会人必需品名刺 ALL RIGHT RESERVED